ZEH支援事業(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは?

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの実現を目指すために、高断熱外皮、高性能設備と制御機器等を組み合わせ、住宅の年間の一次エネルギー消費量がネット(正味)で概ねゼロとなる住宅(ZEH)に対し補助する制度です。ZEHビルダー/プランナーによる設計・施工が条件です。

補助先 環境省
対象となる事業者
(申請者)
・新築戸建て住宅の建築主
・新築建売住宅の購入予定者(未登録の住宅)
・既存戸建て住宅の所有者(リフォーム)
対象となる住宅 ・申請者が常時居住する専用住宅であること
・2世帯住宅において、2世帯各々で申請する場合は区分登記が必要
・別荘、セカンドハウス等は補助対象外
設計・建築・改修・販売者 SIIに登録されたZEHビルダー/プランナー
BELS等第三者認証の取得 必要 ※原則、中間報告前に取得し、写しを中間報告時に提出できること
省エネ率(再生可能エネ分除く) 20%以上
省エネ率(再生可能エネ分含む) 100%以上
対象地域 全国
太陽光発電システム 必須(全量買取方式は不可)
外皮基準(UA値) 5地域:0.6以下
冷房機の平均日射熱取得率(ηAc値) 5地域:3.0以下
導入設備 一定の要件を満たすこと
エネルギー測定装置(HEMS) ECHONETLite」規格の認証登録番号を取得しており、一定の要件を満たすもの
要件を満たす住宅 60万円/戸
蓄電システム(※1) 1kWhあたり2万円(上限:補助対象経費の1/3または20万円のいずれか低い金額)

(※1)補助対象となる蓄電システムは、SIIが本事業の補助対象製品として登録、公表した蓄電システムであること。

ZEH支援事業(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)(詳細ホームページ)