地域型住宅グリーン化事業(ゼロ・エネルギー住宅型)とは?

中小ビルダーが他のビルダー様や木材、建材流通等の関連事業者とともにグループを組み、省エネルギー性能や耐久性等に優れた木造住宅・建築物を供給した場合に補助する制度。地域材を利用する場合、三世代同居対応仕様とする場合は補助額が加算されます。

補助先 国土交通省
対象となる住宅 ・グループの構成員である中小住宅生産者等により供給される戸建て住宅
・主要構造部に用いる木材は、グループが定める地域材を使用するもの
・設計者、施工管理者、大工技能者のうちいずれか1人が、住宅省エネルギー技術講習会の修了者であ る、または別途定める講習会等の受講者等であること
・ZEHの要件に適合した住宅を満たすこと
・ZEHと同等以上とる評価委員会に認められた住宅を満たすこと
補助額 新築請負の場合は建設工事費の1/10以内かつ上限:125万円/戸
地域材加算 20万円
三世代同居対応加算 30万円

地域型住宅グリーン化事業(ゼロ・エネルギー住宅型)(詳細ホームページ)